MENU

50代の基礎化粧品の選び方|おすすめランキング

目次
1、50代の乾燥肌の方の基礎化粧品の選び方のポイントとは?
2、50代の敏感肌の方の基礎化粧品の選び方のポイントとは?
3、50代の脂性肌(オイリー肌)の方の基礎化粧品の選び方のポイントとは?
4、50代の混合肌の方の基礎化粧品の選び方のポイントとは?

50代の乾燥肌の方の基礎化粧品の選び方のポイントとは?

乾燥しがちな50代の肌には、保湿成分がたっぷりと入った基礎化粧品を選びましょう。

 

基礎化粧品の中には、お肌に優しい有効成分をふんだんに含んだものが発売されています。

 

これらの中から自分の肌に合ったものを選びます。

 

セラミドやコラーゲンといった成分は肌に潤いを与え、乾燥肌を保湿してくれます。

 

乾燥肌は特にうるおいを必要とする肌タイプで、保湿をせずにそのまま放置すると乾燥が進み、女性の悩みの種でもあるシワの原因ともなってしまいます。

 

洗顔後には保湿タイプの化粧水で肌に水分を与えた後、乳液、美容液とケアを進めます。

 

乳液や美容液にもコラーゲン入りなどの、保湿に重点を置いたものを選ぶことがポイントとなっています。

 

50代の敏感肌の方の基礎化粧品の選び方のポイントとは?

若い頃はそうでもなかったのに、年齢を重ねて50代に入ってから肌が敏感になる例も存在します。

 

敏感肌は基礎化粧品のちょっとした刺激にも反応してしまいます。

 

今まで問題なく使っていた化粧水が、ある日を境に急にピリピリと感じるようになったり、乳液を付けると肌が荒れるようになったという体験をした方も多いのではないでしょうか。

 

刺激に弱い敏感肌は、お肌の老化の原因になる可能性もあります。

 

敏感肌ではお肌のバリアが低下し、肌本来の力が発揮できずにいます。

 

肌のバリア機能を回復させるためにも、刺激の強い基礎化粧品は避けましょう。

 

合成添加物や香料、エタノールといった成分は、人によっては大きな刺激になってしまいます。

 

添加物、香料、あるいはアルコールフリーの基礎化粧品を選ぶことが大切です。

50代の脂性肌(オイリー肌)の方の基礎化粧品の選び方のポイントとは?

洗顔したのに何だか肌がべたべたする、テカるといった肌は、脂性肌と呼ばれるタイプです。

 

皮脂の分泌が活発で、このため肌がテカって見えたり、べたついたりといったトラブルが発生します。

 

脂性肌の原因はさまざまですが、脂っぽいからといって洗顔しすぎている場合もあるようです。

 

優しく、しかししっかりと汚れを落として洗顔を行うことから改善しましょう。

 

脂性肌の基礎化粧品には、セラミドなどの成分が配合されているものがぴったりです。

 

さっぱりとした付け心地のものばかりを選んでいると、肌のうるおいが不足してしまいます。

 

まずは正しい洗顔を行った上で、保湿成分の入った化粧水や乳液などでたっぷりと保湿します。

 

肌バランスの改善は脂性肌の改善にも繋がるのです。

50代の混合肌の方の基礎化粧品の選び方のポイントとは?

テカりと乾燥が混在した混合肌の場合は、どの部分を重点的にケアしたらいいのか判らないという方もいるかもしれません。

 

口の周りや額周りなどが乾燥する例が多く、肌が年を取って見える原因にもなりがちです。

 

まずは乾燥した箇所を改善するため、保湿を重点的に行います。

 

また、混合肌は加齢とともに起こりがちな肌タイプとなっており、このためアンチエイジングを行える基礎化粧品も最適です。

 

肌の状態が改善されることで、顔全体の印象も若返ります。

 

保湿成分の多い基礎化粧品や、アンチエイジング化粧品などで肌ケアを行いながら、生活自体も見直してみましょう。

 

睡眠はたっぷり取っているか、食事のバランスは崩れていないかなど、毎日の生活習慣を改めて見直す必要があります。

更新履歴